北海道神宮の駐車場は2ヶ所!注意が必要な料金と便利なアクセス方法

  • URLをコピーしました!

北海道で一番大きい神社といえば北海道神宮です。

初詣からお花見、例祭などで行く人も多いのではでしょうか?

円山に住んでいるまるっと円山が北海道神宮の駐車場、行き方(アクセス)を紹介します。

目次

北海道神宮の駐車場の概要と料金(値段)

北海道神宮には神宮が運営している駐車場が2つあります。

  • 北一条駐車場(170台)
  • 南一条駐車場(70台)

北一条駐車場は北海道神宮から非常に近く、六花亭も近くにあるので、お参りするのに使い勝手の良い場所です。

ただ、混みやすいのがネックだと言えます。

北海道神宮例祭(札幌まつり)などでは、お昼の時点で満車になるほど混んでいます。

一方で、南一条駐車場は北海道神宮から少しだけ離れていて、ちょっと使いづらいです。

でも、イベント時でも空きがあるので、南一条のほうが停めやすいです。

北海道神宮の駐車料金 最初の1時間は無料

気になる駐車料金ですが、通年だと最初の1時間は無料です。

ただ、詳しい料金は北海道神宮の時期で変わってくるので注意です。

下にまとめてみました。

通年の北海道神宮駐車場の駐車料金

通年の時間設定(1月8日〜12月31日午後5時59分まで)値段
最初の1時間まで無料
普通車 2時間以降(1時間ごとに)500円
大型車 2時間以降(1時間ごとに)1,000円
ご祈祷目的の駐車(2時間以内)無料
2023年6月現在

北海道神宮の駐車料金は2つあります。

1つ目は通年の駐車場の料金です。

通年とは、初詣以外の1月8日から12月31日の午後6時前までを指します。

年末年始以外だと、最初の1時間の駐車料金は無料

1時間1分以降は、1時間刻みで500円ずつの駐車料金がかかります。(普通車の場合)

また、ご祈祷目的の駐車は駐車券を北海道神宮に見せれば、2時間以内は無料です。

・通年の駐車料金(年末年始以外)
最初の1時間は無料
・1時間1分以降は、1時間ごとに500円の駐車料金
・北一条駐車場と南一条駐車場の料金はどちらも同じ
・ご祈祷目的は、2時間まで無料

年末年始の北海道神宮駐車場の駐車料金

初詣の時間設定(12月31日午後6時〜1月7日午後6時まで)値段
最初の2時間まで500円
3時間以降(1時間ごとに)500円
ご祈祷目的の駐車無料(2時間)
2023年6月現在

北海道神宮の駐車料金が特別になるのは、年末年始の時期です。

北海道最大の神社である北海道神宮は、年末年始の時期は札幌市だけでなく周辺からも人が集まります。

12月31日午後6時〜1月7日午後6時まで入庫した時点で有料の駐車料金を取られるので、注意してください。

北一条駐車場南一条駐車場は、最初の2時間の駐車料金が500円になり、その後も1時間以降は500円ずつ加算されます。

北海道神宮の北一条駐車場の場所

北海道神宮の駐車場の料金はどちらも変わりません。なので、オススメなのは北海道神宮に近い駐車場です。

北一条駐車場は北海道神宮のすぐ隣に位置している駐車場なので、混んでいなければ北一条駐車場をオススメします。

北海道神宮の鳥居に近い駐車場が北一条駐車場です。

北海道神宮の駐車場は混雑時以外は北1条駐車場がオススメ

北一条駐車場は北海道神宮第二鳥居の近くにあります。

「参拝者専用駐車場」という大きな看板が出ているので、わかりやすいと思います。

横長の大きな看板が見えたら左側に横切ると、170台も入る大きな駐車場が見えます。

そこを曲がれば駐車可能です。

空いているときは、「P という電光掲示板があるので、そこを目印にしてください。

もし満車だったら、次の南一条駐車場に駐めることをオススメします。

北海道神宮の南一条駐車場の場所

北海道神宮のもう一つの駐車場は、開拓神社側にある南一条駐車場です。

南一条駐車場は北一条駐車場と比べて、北海道神宮まで少し遠いです。

北一条駐車場が徒歩3分で着くなら、南一条駐車場は徒歩7〜8分くらいかかります。

ただ、南一条駐車場のほうが駐車できる確率の高い穴場です。

北海道神宮例祭(札幌まつり)の午後でも空いていたので、オススメです。

円山動物園側からきた時の南一条駐車場

マルヤマクラス側と円山動物園側からの両方から入ってこれます。

混んでいない時はマルヤマクラス側から入ってきたほうが近いのです。ただ、対向車線から車がくると曲がりにくいのがネック……。

大回りになりますが、円山動物園側から回ってきたほうが進行方向の左側に駐車場があるので、入りやすいです。

南一条駐車場はAエリア、Bエリア、Cエリアに分かれています。

A→C→B→Cというルートで回ると、効率よく駐車場の空きを見つけられるはずです。

おまけ 北海道神宮の駐車場の空きを効率よくアクセスするルート

最後に、効率よく北海道神宮の駐車場の空きスペースに入庫するルートを考えてみました。

北海道神宮は、年末年始の初詣、4月下旬から5月上旬のお花見、6月中旬の北海道神宮例祭(札幌まつり)では、非常に混み合う時期です。

そのために駐車できず、グルグルと円山周辺をさまよう車が多発します。

それを避けるために効率のいい駐車場を見つけるルートを考えてみました。

1. 最初は北一条駐車場をチェックする

最初は北一条駐車場をチェックするのがオススメです。

こちらは混雑していなければ、170台という台数を止められて、かつ北海道神宮からも近いです。

近くに北海道神宮限定の判官さまというお菓子を食べられる六花亭の神宮茶屋店もすぐ隣にあります。

まずは北一条駐車場に行ってみてください。

2. 北一条宮の沢通を左折して、円山動物園側を回る

北一条駐車場が満車なら、そのまま北一条宮の沢通を左折して、円山動物園側を回りましょう。

南一条駐車場に向かいます。

写真の2ヶ所の位置で左折してください。

グルッと回って、円山競技場と円山動物園側を抜けます。

余談ですが、このタイミングで円山公園の駐車場に止めるのもアリです。

3. 南一条駐車場に止める

グルッとまわったら南一条駐車場に当たるので、ここで止めます。

このルートだと時間はかかりますが、効率よく駐車できるのでおすすめです。

このルートだと常に進行方向の左側に駐車場があるので、止めやすいです。

さいごに

マエちゃん

混みすぎていたら、近くのマルヤマクラスなどに停めて、買い物して帰るのもありだと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

札幌円山を中心に札幌中央区の情報をお届けするアカウントです。札幌での暮らす、働く、観光する地域情報ブログ「まるっと円山」を夫婦で運営してます。

コメント

コメントする

目次