北海道神宮と円山公園でお花見準備開始。仮設トイレと屋台の設置開始

  • URLをコピーしました!

北海道神宮と円山公園では4月14日(木)現在、お花見の準備が着々と進められていています。

円山公園の入り口のトイレには仮設トイレが設置され、北海道神宮では屋台も設置されていました。

実際に行ってきたので、写真付きで紹介します。

【関連記事】

最新の記事はこちらです

目次

円山公園の入り口横に仮設トイレ設置

2023年4月13日(木)現在、円山公園の入り口には仮設トイレが設置されていました。

円山公園管理事務所の正面にあるトイレの横です。

お花見でトイレ利用が増加するのを見越して、仮設トイレが設置されたようです。

仮設トイレは10個分で、まだ利用はできませんでした。

女性用のトイレのほうが多そうでしたよ。

ただ、お花見の場所は北海道神宮のほうなので、仮設トイレに行きたいと思ったら、お花見する場所から少し歩きます。

現在地と書かれているところに仮設トイレがあり、桜の名所は北海道神宮のほうだからです。

こちらのトイレは北海道神宮のトイレですが、北海道神宮のほうは仮設トイレが設置されていませんでした。

北海道神宮のほうが桜や梅の木から近いのですが、ちょっとお花見になったら混みそうです。

お花見中にトイレに行きたくなったら、近場のトイレは混んでいるかもしれないので、早めにトイレに行く必要があるかもしれません。

北海道神宮の境内でも屋台の設営開始

一方で、北海道神宮の境内では屋台の設営が進められていました。

まだ全部設営されていなかったので、2023年4月14日(金)も進められそうです。

2022年と同じく、露店は北海道神宮の前から北海道神宮 公園口鳥居まで続いていました。

ハラちゃん

露店はいつから営業されるんですか?

店員さん

早かったら今週末の4月15日(土)から営業しますよ

まるっと円山が質問したところ、4月15日(土)との回答をもらいました。

桜の開花予測も早まっているので、意外と今週末にも露店が営業するかもしれませんね。

2023年4月13日(木)の桜と梅の開花状況

最後に2023年4月13日(木)現在の北海道神宮の桜と梅の開花状況を紹介します。

桜と梅は徐々に咲き始めています。

桜の花は標本木で5〜6つ開花した状態で「開花」というようです。

写真は標準木ではないのですが、一輪ほど咲いていました。

おそらく2023年4月15日(土)の週末にかけて、開花に近い状態になっていくのではないでしょうか?

お花見は楽しめると思います。

いよいよ待ちに待った北海道神宮の桜のシーズンが楽しみですね。

【関連記事】

最新の記事はこちらです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

札幌円山を中心に札幌中央区の情報をお届けするアカウントです。札幌での暮らす、働く、観光する地域情報ブログ「まるっと円山」を夫婦で運営してます。

コメント

コメントする

目次